生き方

「片付けられない女が、結婚するための方法」

Vol.1   片付けられない女は、ダメなの?

あなたは片付けが得意ですか?
「男性は掃除や片付けが苦手」 「女性は片付けが得意」 という価値観を持っていたり、女性がその全般をこなすのが当たり前の家庭もまだまだ多いのではないでしょうか?
男性もそのせいか片付けられない女性は、ダメな女と思って、結婚相手にも避けたがるとか!?
そんなの困りますよね。じゃあどうしたらいいのか、一緒に考えていきたいと思います。

女性が感じている呪縛

女性は小さい頃にどこかしらで 「女の子なのにこんな散らかして」 「片付けできないとお嫁にいけないわよ」 など言われたことがあるのではないでしょうか。
今思えばこうやって私たちはコントロールされ、片付けが下手な女性は女性として失格なの?と思わせられるような言葉をかけてこられた気がします。

しかしもはやこのジェンダーレスの時代!
何言ってんのさ?と、真っ向から反対意見を述べたいわたしなのです!

そうはいってもなかなか呪縛がまだ解けないこの世の中。
実際片付けが苦手な女性が一番気になることってなんでしょうか。 
多分、恋愛、結婚についてだと思うのです。

我が家は結婚10年目突入。
「片付けができない妻、わたし」 と 「片付けができる夫、旦那さん」の実生活を紹介しつつ、みなさんと一緒に考えていければいいなと思い連載を始めることになりました。

結婚において 「片付け下手な女子」ついて、リアルな男性の意見とは?

さて、片付け下手な女子の結婚は、そんな不利となってしまうのでしょうか?

わたしが調べたところによると、「料理下手」 と「片付け下手」を比較すると、「料理下手」には約4割の男性が、「片付け下手」には約6割の男性が結婚のネックになる。との意見が・・・

え!結婚を意識して、お料理を習う女子もいると思うのですが、実は片付け下手の方が問題なの?(汗)

「付き合う」 くらいまでは、片付けが苦手なことを許容できたとしても、片付けができる、できない、は結婚の重要なポイントになってくるようです。

片付け下手な私が結婚できたのはなぜ?

わたしが独身時代、すでに片付けが下手で部屋がキレイではないことには気がついていました。
なので、基本旦那さんと付き合っている時は、旦那さんの家に行くことがほぼでしたし、どうしても我が家に来ることになった時は、これくらいなら大丈夫ではないか?レベルで片付けをしていました。

では、私の片付け下手は隠せていたのか?
今更ですし、そして結婚して10年も経っていますけれども、旦那さんに当時のことを聞いてみることに。

わたし  「ねえねえ、私が片付けできないのって結婚前からわかってた?」
旦那さん 「うん。わかってたよ」
わたし  「・・・・(汗)でも一人暮らしの部屋それなりに片付いたよね?」
旦那さん 「いや・・・ひどかったよね」
わたし&旦那さん 「・・・・・・」

こ、これは!
アンケートにもあった、最初から片付けられない女子だと認定されていたということですよね?
あけてはいけない扉かもしれませんが(汗)思いきって聞いてみました。

わたし  「ねえねえ、じゃあなんで私と結婚したの?」
旦那さん 「んー 完璧な人なんていないし、オレだってできないことあるし、まあこれくらいなら、なんとか自分がフォロできるかって思ったからかな〜」

ほほう!なるほど!✨
いいこというじゃない!そうそう!別にさ、できる方がやればいいんだよね〜♪

番外編
旦那さん 「でもさ、結婚する前よりも散らかし方ひどくなってない?」
わたし  「汗」

片付けが苦手で何が悪い?

実はそうなんです。誰にだって、得意、不得意があります。
例えば、水泳が上手、歌が下手など。
それと同じように「片付けが下手」ってことで、結婚相手として敬遠されがちという現実。

しかーし、私は結婚前から片付けできないことに対して、親にも散々言われましたが、そんなに悩むほどネガティブな気持ちはありませんでした。
だってね!わたしには他にたーーくさんいいところがあるんですもの!(めっちゃ前向き 笑)
片付けが下手ってことなんて、ちっちゃいこと!って思っていました。

わたしが結婚したのは35歳の時。そして今、人生40年も過ぎて、40年以上できなかったことが、いきなり出来るようになりますか?
そもそも、40年以上出来なかったのに、片付け上手になるため今更大変な努力をする?

そんなことに時間を費やすくらいなら、その分得意な分野を伸ばしたり、片付けを誰かにやってもらった方が得策だよ〜。
とか言いながら、ただ本当に片付けが嫌いで、できることならやりたくないだけなんですけれどね(笑)

わたしは、片付け下手な女子たちが、自分で片付けなくてはならないという呪縛から解放され、我が家のように、片付けの得意な人、モノにお手伝いしてもらう結婚生活だってありだと思うのです。
それが一つの価値観として普通の世の中になるといいなと私は切に思っています。

「片付け下手」と「片付け上手」が仲良く暮らせるために

片付けられない私が結婚できたのは、ただ理解のある旦那さんが相手だったから。
それは紛れもない事実ですが、しかし、結婚はできたとしても、そこから共同生活をするとなると、またそれはそれで色々摩擦が生まれるもの。(汗)

連載では、片付け下手な人には 「そうそう、そうなのよ!」と共感してもらえたり、片付け得意な人にも、「ほほう!下手な人はそんなこと思っているんだ・・・」 など、お互いを知る機会になれば。
それが、結婚している人、そしてこれからの人が、家庭内で仲良く暮らしていけるヒントになればと思っていますのでよろしくお願いします。

ライター 朝比奈 朋

片付け下手なのに、片付けに関わるお仕事をすることになる。
片付けが下手なのに、片付けについて毎日考えているアンチ断捨離派。

ピックアップ記事

関連記事一覧